色々な疾患

上肢
ー肩関節
ー肘関節
ー手関節
ー手部

下肢
股関節
膝関節
足関節
足部

股関節

定義項目1
説明項目1が入ります。
定義項目2
説明項目2が入ります。
定義項目3
説明項目3が入ります。

膝関節

膝関節捻挫(靭帯損傷)
内側側副靭帯損傷
説明項目1が入ります。
外側側副靭帯損傷
説明項目2が入ります。
前十字靭帯損傷
説明項目3が入ります。
後十字靭帯損傷
説明項目3が入ります。
半月板損傷
内側半月板損傷
説明項目1が入ります。
外側半月板損傷
説明項目2が入ります。
変形性膝関節症
説明項目3が入ります。
膝離断性骨軟骨炎
オスグッド・シュラッター病
膝骨折
膝蓋骨骨折
説明項目1が入ります。
定義項目2
説明項目2が入ります。
定義項目3
説明項目3が入ります。
膝脱臼
膝蓋骨脱臼
説明項目1が入ります。
膝関節(脛骨大腿関節)脱臼
重度の外傷(自動車衝突事故など)が多いが、肥満者などでは穴に足を踏み入れたり、膝を捻じった際などにも生じることがある。

前方脱臼…過伸展の結果生じる場合がほとんど。
後方脱臼…やや屈曲位で脛骨近位部に後方への外力が加わった際に生じる。

臨床的に明らかであるが、自然に整復される場合もある。著しい腫脹、肉眼的に不安定な場合は脱臼を疑う。

直ちに整復(15°屈曲位へ)。
膝窩動脈損傷(特に前方脱臼)や神経(腓骨神経・脛骨神経)損傷を伴うことが多い。
膝窩の詰まった感じは血腫または膝窩動脈損傷を示唆。
 足関節上腕血圧比を常に測定…ABI0.9以下(が、虚血所見無くも超音波検査(duplex法)推奨)
  血管損傷→直ちに血管修復、組織虚血あれば筋膜切開。
 
腫脹消失後に靭帯再建。
腓骨神経麻痺
O脚・X脚
鵞足炎
腸脛靭帯炎(ランナー膝・ランナーズニー)
ジャンパー膝(膝蓋腱炎)脂肪炎体
膝蓋下脂肪体炎
タナ障害(外側滑膜絞扼症)
分裂膝蓋骨
ベーカー嚢腫(のうしゅ)
膝関節の後方の膝窩嚢胞という袋に関節液が貯留したもので、変形性膝関節症や関節リウマチなどがある場合に起こると言われています。膝関節屈曲制限・こわばり感。穿刺排液を行うこともあるが、再発を繰り返すことが多い。場合によっては手術にて嚢胞全体を切除する。関節鏡視下の切除術もある。
膝関節遊離体
特発性骨壊死
色素性絨毛結節性滑膜炎
膝蓋部滑液包炎
変形性膝関節症

足関節

定義項目1
説明項目1が入ります。
定義項目2
説明項目2が入ります。
定義項目3
説明項目3が入ります。

足部

定義項目1
説明項目1が入ります。
定義項目2
説明項目2が入ります。
定義項目3
説明項目3が入ります。