アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

サンスクリット用語で アーユスは生命、ヴェーダは知識・科学の複合語で

『生命の化学』という意味を持ちます。正しい暮らし方という意味もあり

医学のみならず生活の知恵・生命科学・哲学の懸念もあります。

心・体・行動や環境も含めた調和が健康にとってとても大切なことと考え

心と体の健康増進を目的としています。

アーユルヴェーダでは健康と治療を大宇宙との関係性の中で捉え、

様々な角度から網羅しています。

病気になってから治療するより、病気を予防し、健康を維持するという予防医学の側面を

持っています。

 

五大元素と3つの生命エネルギー

『人間は小宇宙であり大宇宙である外部環境の宇宙の子供であり、人間の個別的存在は 宇宙全体から切り離せないものである』と考えます。そして全てのものが

五大元素(パンチャマハブター)!!

空・風・火・水・土(地)からなると考えます。 そしてアーユルヴェーダの知識を体系化するとき、これらの元素を解りやすく 3つの生命エネルギー=ドーシャとして説明しました。 ドーシャはサンスクリット語で

ヴァータ(ワータ)・ピッタカパ(カファ)といいます。

この3つのドーシャはそれぞれ2つの元素の組み合わせで出来ていて ヴァータは風と空の組み合わせ、ピッタは火と水の組み合わせ、カパは水と土の組み合わせです。 健康状態にあるときの身体はこの3要素からなる『ドーシャ』のバランスが取れていますが このバランスが崩れると身体は不調を訴え、様々な病気を引き起こします。 アーユルヴェーダはそのドーシャのバランスを保つことそのものなのです。 それにより病気を治し、また病気を予防し、健康の維持そして増進を図るのです。