クリオ新店舗日記(7)

青砥駅前クリオ接骨院・鍼灸院では、既存店舗のすぐ近くに新店舗を計画しています。

途中経過をこのブログで発信します!

このブログを書いているのが5月31日(月)の早朝です。

昨夜から間に合っていなかったこのブログを書き続けています(´;ω;`)

昨日の土曜日、工事が終わらないだろうことを決定的と思われる出来事が。

建具が搬入した後に工事予定だったトイレ、洗面所、事務所部分に使用を予定していた床材が欠品で搬入が不可な事がこの日判明!

5月を後2日間に迫ったこの日に床材を選び直すことに…(´;ω;`)

しかも翌日は日曜でメーカーもお休み(T・T)

「施術室の方と同じ床材が余るのならそれでいいのでは?」と提案した私に対し、月曜の早朝に注文を入れ、朝一直接メーカーに取りに行きそのまま搬入、午前中には仕上げる!との提案!?「こっちのミスなのできちんとお好きな柄を選んで下さい」と。

「そんなことが可能なのか!!」にわかには信じがたかったが自信たっぷりなのでお願いすることに。

床材を待つトイレ

この時間の無い工程を無理強いしたにも関わらず、最後まで手を抜かない姿勢に感服です。

プロ意識の高い良い職人さんたちに取り組んでもらえたことに幸せを感じました。

あれやこれやプロの意見も取り入れ床材を決定。

翌日の日曜もクロス屋さん、電気屋さん(東電の契約が遅れご迷惑をお掛けしましたm(_ _)m)は出動してくれます。

有り難い。本当に有り難い。

感謝しかありません。

この日は、私のせいで電力の開通が遅れせっかくエアコンの取り付けをしたのに試運転が出来ないことが発覚。

すぐさま契約を行うも、動力の線が切れている模様。

何時に到着するか分からない東京電力の方が来てくれないとどうにもなりません。

結局、東電の方も日が暮れる頃に到着。電気メーターボックスを破損してしまうアクシデントも…。

散々お世話になった現場監督Oさん自ら何度もホームセンターに足を運び、自らペンキを塗り制作してくれた施術ルームの洗面台。

出来た合板を買ってきて両端を切ってしまうと側面はペンキ、上下面は合板になってしまう所、周囲との配色を考え特別に造って頂いた洗面台です。

水道屋さんにも無理を言ってお願いした壁付けの水栓。一つの給湯器から2つの洗面台にお湯が出る様に難しい工事をして頂きました。
末永く大切に使わせて頂きます。

今回の新店舗への取り組みでOさんの様な監督さんのいる建設会社を知れたことは既に大きな収穫だったと思っています。

 

実際の工事が始まって2週間。目まぐるしい2週間でした。

5月もあと1日。

残すはトイレなどの床を貼り、洗面所を設置。

扉を取り付け、清掃を行えば便器の設置を除いて一応の工事は完了予定。

今日、現場を覗いたら、電気も床も昨日よりさらに工事が進んでいました。

今日1日で本当に工事を終わらせる意気込みをひしひしと感じました。

その後は自分達の出番です。

大切にこの空間を育てて行きます。

 

現在、5月31日(月)の朝5:10です。

クロス屋さんはもう動いてくれているのだと思います。

寝不足ですが、私も完成を楽しみに今日1日頑張ろうと思います。

最後になって急激な投稿すみません。

新店舗日記はあと1回の投稿になると思いますが、皆さんも完成を楽しみにしていてください(^▽^)/

クリオ新店舗日記(7)」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です